裸眼日記

札幌在住のミュージシャン青柳唯(あおやなぎゆい)が音楽・映画・お笑いなどについて書くブログ(両目1.5)

北大植物園は一日潰せる最高のテーマパークだ!

f:id:yui_aochang:20160505130726j:image

昨日はみどりの日だったので、北大植物園に行ってきました!

正式名称は「北海道大学北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園」!
クソ長いし堅い!
名前だけ聞くとあれかもしれないけど、植物園は肩肘張らずに楽しめる超ハッピーなテーマパークです!

今週のお題ゴールデンウィーク2016」!

初めて植物園に行くなら、みどりの日しか考えられない

f:id:yui_aochang:20160505141104j:image

というのも、みどりの日は北大植物園の入園料が年間通して唯一無料の日なのです(普段は夏420円、冬は温室のみ開放で120円)!

僕は初めて植物園に遊びに行ったときから3年連続で、みどりの日に北大植物園に行っています。

植物園というのは、季節ごとに見ることのできる植物が違ったりするのが魅力なので、毎年同じ時期に行くと同じような景色しか見れず、それは本来の植物園の楽しみ方とは違うのかもしれません。

それでも僕はみどりの日に植物園に行きたい。

無料だから、というのもあるけれど、それよりも、植物園が入園料を無料にするということの意味を感じたいのです。

「みなさん、植物園に少しでも興味があるのなら、来るなら今日です!一年通して、来るなら今日しかありません!」

という植物園サイドからのメッセージを感じざるを得ないのです。だからみどりの日に行きたいんです*1。 

さらに、みどりの日の趣旨を調べたところ「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」*2ことであるらしいです!

ほら、もう国も言っちゃってんじゃん!行くなら今しかねえ!

何も知らなくても大丈夫だし一人でも大丈夫

f:id:yui_aochang:20160505141040j:image

知識がなくても大丈夫。

木や花や草にはそれぞれ名前の書いたプレートが近くにあるし、解説が書いてあるプレートも立ってたりします。
雑学を読むのが好きな人はそうやって楽しむのもよし、細かい知識とかに興味がない人はただただ植物たちを眺めて楽しみましょう*3

実際、初めて植物園に行ったときの僕は植物のことなんて全然詳しくないし、特別好きというわけでもありませんでした。

ただ今の時期に花を咲かせる「コブシ」は、1週間くらいで花が全部散っちゃうし花びらが白くてきれいなので好きだな...とか思っていた程度でした。

北大植物園には約4000種類の植物が栽植されているのであなたのお気に入りの植物と出会えること間違いなし!

しかも結構広いので楽しもうと思ったら一日中居れます。
しんどくなったらいつでも帰ればいい!
広い野原もあるし温室に椅子もあるので、休み休み見ることもできますよ!

みどりの日は入場料無料ということもあって、他の日よりもお客さんが多いんですが、一人で来て写真を撮りまくってる人が結構います。

一人で来ても大丈夫!
僕は毎年一人で行ってますが*4、去年は九州から来たおばさんに話しかけられて仲良くなりました。

オススメのヤバい奴の写真載せます(閲覧注意)

f:id:yui_aochang:20160505141137j:image

あ、このウツボカズラちゃんはヤバい奴じゃないですよ。

初めて北大植物園に遊びに行った2014年。
確か3、4時間くらい滞在してゆっくり見て回ったんですが、その中でもダントツで僕の心を奪う植物がいました。

次の年のみどりの日もそいつに心を奪われ、今年もまた...。

写真で伝わらない部分も多いと思いますが、見た目の気持ち悪さ、ゾワゾワゾワゾワする感じが堪りません。
悪夢を見そうです。

インパクトが強烈すぎて嫌いになってもよさそうなのに、どうにもこうにもコイツを見たくて毎年みどりの日に植物園に行ってしまいます。

そうなんです。コイツを見たくて植物園に行っているんです。僕の本音が漏れました。

少し改行してから写真を載せますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yui_aochang:20160505134725j:image

f:id:yui_aochang:20160505134748j:image

f:id:yui_aochang:20160505134759j:image

f:id:yui_aochang:20160505134823j:image

超気持ち悪い。

今この写真で初めてコイツを見た人がどう感じるかはわからないんですが、生で見たときの衝撃がすごい。

このフォルム。ビジュアル。なんかたくさん群れてるのがまた気持ち悪い。

植物園の中でコイツがどこにいるかとかももう覚えちゃってるので、コイツのいる場所に向かうんですよ僕は。

そしたら遠目から見つけますよね、コイツを。

f:id:yui_aochang:20160505134844j:image

いやもう遠目から気持ち悪いのよ。

近くに知らない人いるのに「うーっわ...」とかつい声を漏らしちゃうくらいに気持ち悪いんですよ。恥ずかしいんですよ。

f:id:yui_aochang:20160505135607j:plain

でも好きで堪らないんですよね。

どうやら彼はゼンマイというらしいです。食べれるらしい。

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/zenmai.htm

このサイトを見る限りではポピュラーな山菜らしいですが、僕みたいな植物素人にはマジでヤバいグロ植物にしか見えませんでした。

そんな出会いが植物園にはあるのです。楽しそうでしょう?

おわりに

2014年に初めて僕が植物園に行った際に撮った写真たちが僕のFacebookで見れます。

2014.05.04北海道大学植物園 | Facebook

冒頭の文章から、生まれて初めて植物園に行った感動と興奮が伝わってきます。
ちなみに各写真ごとにも短い文章を添えてあります。ここにも当時の僕の熱を感じますね。

植物園に行くならみどりの日をオススメしますが、正直420円払っても絶対損しません。
420円でも超安いくらい。

なのでもし少しでも植物園に興味を持ったら、1年後のみどりの日を待たずとも、今月の休みの日に遊びに行くことをオススメします。

札幌近辺の人は北大植物園がオススメだけど、たぶんみなさんの最寄りの植物園でも楽しいと思います(無責任)。

ここの植物園最高に楽しいぜえ!みたいな情報をお持ちの方がいたら、是非僕に教えてくださいね。

*1:初めて行くご飯屋さんだと、その店一番の定番や人気のメニューを選びたくなる性格です。

*2:国民の祝日に関する法律祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条より

*3:ちなみに植物たちは目で見ても楽しいんですが、匂いもすごいです。近くで見て、嗅げば、彼らが正真正銘の「生き物」であることを痛感します。

*4:悲しくないです。マジで、全然。