読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裸眼日記

color chord(バンド)とSFレコーズ(レーベル)を主宰するあおやなぎゆいが音楽・映画・お笑いなどについて書くブログ(両目1.5)

『トットてれび』、第1話からガチンコに気合が入りまくってて最高すぎる

TV番組

f:id:yui_aochang:20160503093640j:plain

『トットてれび』の第1話を観ましたか?

テレビ放送が始まった昭和28年、NHK専属テレビ女優第1号となった黒柳徹子氏の、テレビとともに歩んだその人生を綴っていくドラマです。

これがガチンコなんです。

キャストが超豪華

渥美清役に中村獅童黒柳守綱役に吉田栄作黒柳朝役に安田成美、永六輔役に新井浩文などなど、贅の極みを尽くしたキャスティングの中*1黒柳徹子役に満島ひかり

もう言うことないでしょ。

NHKがお金も手間もかけて作り上げようとしている一大プロジェクトの看板を張るのは、今や日本を代表する女優の一人と言っても過言ではない満島ひかりだあ!文句あるかおい!

ちなみに満島ひかりの凄さについてはこちらの方がブログに書いています。説得力がすごい!

hiko1985.hatenablog.com

武田鉄矢が完全に金八先生(いい意味で)

NHKに勤務する大岡龍男役を演じるのは武田鉄矢

第1話は武田鉄矢の出番が多いですが、これが完全に武田鉄矢なんです。
武田鉄矢が演じるのは大岡龍男ではなく、武田鉄矢

僕の世代でいうとそれはつまり、完全に金八先生です。武田鉄矢=金八先生

器が大きくて先を見通す力がある、徹子の味方になってくれそうで直接は手をくださない、そんなどこか只者じゃない雰囲気を漂わせる坂本金八役を武田鉄矢が演じています*2

セリフのないシーンも、表情や間で魅せてくれる武田鉄矢を僕は断固支持します!

ゲストキャストもアツいぜ

第1話にはEGO-WRAPPIN'の中納良恵笠置シヅ子役で出演。

ブギの女王と呼ばれたらしいこの役柄、僕は笠置シヅ子を知らなかったけど中納良恵がブギを歌うのはバッチリハマってます。髪型も衣装もかっちょいいぜ!

笠置シヅ子についてはこの方のブログで紹介されています。

onaka.hatenadiary.com


こうやって知識を深めてから再放送でもう一度観てみるとさらに楽しめそう!

第2話、第3話には坂本九役で錦戸亮が出演予定。

ん?ジャニーズ?大丈夫?と一瞬思っちゃうけど、今まで外すことなく気持ちよくキャストを当ててきたキャスティングスタッフへの信頼は僕の中でもう築かれています。ここは信じましょう!
錦戸くんは色々器用にできそうなイメージもあるし期待しています!

音楽が完全にあまちゃん

このドラマの音楽を担当するのはSachiko M、江藤直子、そして我らがリーダー大友良英*3

2013年に一世を風靡したNHK朝ドラ「あまちゃん」の音楽を担当した面々!完全に「チームあまちゃん」です。

しかも今回のこのドラマ、ほとんどの音楽が役者の演技と同時に生演奏されているらしい(衝撃)*4

そんなことってある!?

卓越した技術と経験に裏打ちされた各ジャンルのプロたちが集結しない限り成し得ないことじゃないのか!?

時代を逆行した本物主義たちによるガチンコの気合がここに詰まっている!最高!

札幌国際芸術祭のブログで大友さんがそのことについて書いています。実際ドラマを観ていて、バンドの演奏シーンにはグッときました。曲も純粋にいいぜえ。

daily.siaf.jp

ちなみにナレーションはキョンキョンこと小泉今日子
チームあまちゃんの音楽にナレーションはキョンキョンって、目を閉じたら完全にあまちゃんじゃねえか!最高かよ!

おわりに

2016年現在の日本においても圧倒的に変わっていて振り切れて面白い人間・黒柳徹子氏は、1950年代から既にその魅力を爆発させ、失敗も侮蔑も乗り越え、エネルギッシュに生きていたことに尊敬の念を抱かざるを得ません。

第1話の視聴率は10.1%!これからどんどん伸びること間違いないでしょう。

『トットてれび』、制作陣の気合が伝わってくる秀逸なドラマです。
これからの展開が楽しみ。

*1:NHKのディレクター役の濱田岳が何気にめちゃいい演技でストーリーの感情部分を牽引してるのも見逃せない。

*2:地面に着きそうなほど長いスカートを履いた上戸彩や引きこもりの兄を持つ風間俊介が今にも登場しそうである。

*3:今までもこれからも僕は自慢し続けますが、2012年の夏札幌にて行われた市民オーケストラに参加した際、僕は大友師匠に「君のギター(プレイ)よかったよ。フレッド・フリスみたいだね」のお言葉をいただいています。

*4:もちろん中納良恵も生歌。ここにきて余計に、中納さんをキャスティングした人に大きな拍手を送りたくなりませんか?